P1030421改.jpg

お寺の紹介
智源寺は丹後宮津にたたずむ曹洞宗のお寺です。曹洞宗の修行道場としても知られ、日本三景天橋立からほど近い穏やかな環境のもと、今も雲水さんたちが修行に励んでいます。

宗派
曹洞宗(そうとうしゅう)
山号
松渓山(しょうけいざん)
寺号
智源寺(ちげんじ)
創立
寛永2年(1625)
御開山
心庵盛悦禅師(しんなんせいえつぜんじ)
開基
惣持院殿松渓智源大禅定尼(そうじいんでんしょうけいちげんだいぜんじょうに)
御本尊
秘仏聖観世音菩薩
釈迦牟尼仏(お釈迦さま)


智源寺の沿革
智源寺は寛永2年(1625)5月、宮津城主・京極丹後守高広が、母堂・惣持院殿松渓智源大禅定尼追善のために建立したお寺で、心庵盛悦禅師を懇請して開山とした曹洞宗のお寺です。山号と寺号はこの松渓智源禅定尼より出ています。寛文元年(1661)大本山永平寺より僧録司に任ぜられ、丹後曹洞宗の諸寺を支配しました。

また、昭和初頭までは常時10数名の修行僧が修行しており、現在も格式のある修行道場の伝統を受け継いでいます。

本堂は文化元年(1804)3月再建され、その後修改築されて今に至ります。御本尊は秘仏としてお祀りしている聖観世音菩薩立像の黄金仏です。こちらは安永元年(1772)4月、宮津吉原の畑より出土し、宮津城中に40年間祭祀されていたものを文化8年(1811)2月、藩主・本庄宗発公より賜り、秘仏とされています。飛鳥期末、元興寺の高僧道昭の作で、毎年7月27日の観音大祭では、住職より参拝者1人ひとりの頭上に本尊様をかざし、法徳を頂かせることを習わしとしています。


天井絵.jpg本堂天井絵
本堂須弥壇前格天井の20枠に描かれた花草図。江戸時代後期円山四條派、土佐派、20人の傑作。
京都府指定文化財です。


112-1268_IMG.jpg惣持院殿松渓智源大禅定尼の墓

本堂裏山内墓地最上段にあり、高さ約3メートルの五輪塔で、3面に梵字を刻む。松渓智源禅定尼は初代京極高知の室。卆年慶弔17年(1612)4月5日。


庭園.jpg庭園(奥に見えるのは宝光殿)

庭園は33世・宇野玄機和尚の自作といわれている。庭園の池は心字池と称し、心の字をかたどって造られたもので、その後改修されて現在に至る。


宝光殿.jpg宝光殿

宝光殿は36世・徹梅和尚、昭和4年、昭和天皇御即位式に用いられた御殿の一部を客殿として払い下げられたもの。


DSC00024.jpg鐘楼堂

鐘楼は文化元年(1804)3月再建時のもの。梵鐘は寛永20年(1643)4月、京極高広公の寄進。鋳物師は丹後宮津住・木﨑善右衛門。


金屏風.jpg血染めの金屏風

三代藩主・京極高國の弟、高治が切腹の際に用いたと伝えられ、血染めの屏風と云われている。六曲一双の片側。構図は桃山から江戸初期のものとみられる。


鶴屏風.jpg波に鶴屏風

山口素絢(1759~1818)筆。素絢は円山応挙の高弟で、応門十哲の一人に数えられ、美人画を得意とした。四曲一双。襖絵を屏風に改装したもの。